レーザー脱毛と光脱毛って違うの!?違いと知っておくといいこと

レーザーと光の違いについて

脱毛は全て同じと思う人もいるかもしれませんが、レーザー脱毛と光脱毛の2種類があります。簡単に説明すると、レーザー脱毛は照射する力が強いため専門医しか行うことが出来なくてクリニックで扱われています。照射が強いことによって永久脱毛ということができます。光脱毛は、広範囲に照射することが出来て一定の出力なので誰でも施術出来るので、サロンで扱われており、施術してもまたしばらくすると生えてくることもあり、永久脱毛ということが出来なくて半永久脱毛と言われていますよ。

レーザー脱毛をする前は何に注意すればいいの?

光脱毛にもいえることですが、毛根の黒い部分に反応するので毛抜きで毛を抜くことはいけませんね。せっかく照射しても、毛根がなければ効果はありませんね。事前に処理するときは、シェービングで毛を剃るようにしましょう。ただ、肌が敏感になっているのでカミソリ負けしないように注意が必要です。もし、肌を傷つけてしまいそうな人は当日処理して貰えるので大丈夫です。あとは日焼けも厳禁です。メラニン色素に反応するので日焼けの肌にも反応しやすくなるので下手をすると火傷のような状態になってしまいます。

レーザー脱毛後の注意点はなに?

レーザー脱毛をすると、むくみが出やすくなります。大体、数時間で落ち着いてきますが、数時間たってもなかなかひかないという場合にはクリニックに行きましょう。当日は、雑菌が入るのを防ぐためにシャワー入浴がおすすめです。心配な人は、2、3日湯船につからないのもよいですね。肌も乾燥しやすいので、入浴後にいつも以上に保湿をしっかりするとよいです。肌も弱いくダメージを受けやすくなるので、脱毛後もなるべく日焼けをしないようにしましょう。脱毛した後、気になるかと思いますが自然に毛は抜けていくので自分で抜いたりしないようにあまりさわらないようにするのがいいです。

医療レーザー脱毛は、美容整形外科や皮膚科などでしています。施術中には医師がいるので安心して施術を受けられます。